「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:music( 18 )

Richard Bona & Meshell Ndegeocello

Heidelberg,Mannheim,Ludwigshafenの3つの街で共同開催しているENJOY JAZZというジャズフェストは10月12日から11月11日までのなんと一ケ月間の開催期間。その間、毎日(本当に毎日!)、上記のどこかしらの街でJazzLiveが繰り広げられている。参加アーティストの顔ぶれもすごい(スケジュール参照)。ジャズフェストと銘打っているけれど、実際はブルーズ、ソウル、ボッサ、アフロミュージックなどなど・・・。更に、良心的な価格(20ユーロ以内!)が素晴らしい。気になるライブがいくつあったけれど、私的に絶対に外せなかったRichard BonaMeshell Ndegeocelloのふたつ、なんと二夜連続ライブとなりました。

RicardBona 10/26 THU 20:00~@BASF Gesellschaftshaus、Ludwigshafen

e0042906_1101577.jpg初めてRichardBonaの存在をを知ったのは2002年に東京で行われたPAT METHENY GROUPのSPEAKING OF NOW TOURで。その時の感動たるや、未だに忘れられない。彼の声はまるで空から聞こえてくるような天使の歌声のごとく美しい。ベースはまるで旋律の上をコロコロと小気味よく転がるようで楽しくて暖かくて優しい。満席の会場は彼の作り出す音によって宇宙的に広く高く全く違った空間に感じられる。そして何より、演奏中の彼自身が一番楽しんでいるような姿。この楽しそうな表情、だれかの表情に似ている・・・、サッカーをしている時のロナウジーニョ。神様が与えてくれた才能に感謝しつつ思う存分に自分のものにしている人の表情だなと思った。

Meshell Ndegeocello 10/27 FRI 21:00~@AlteFeuerwache、Mannheim

e0042906_1401587.jpg会場は元消防署とだけあって、古くて頑丈そうな煉瓦造り。オールスタンデイングな上に、長方形のフロアを縦列にいくつもの太い石柱がそびえたっている。こういう場合,ちびちびの私は、否応無く大きなドイツ人に埋もれてしまってステージ上は何も見えず、ライブの間は永遠とドイツ人の頭どころか、背中を拝みつづけ、終いには息苦しくなってしまう。幸いにも予想していた渋滞も無くかなり早めに会場に入れたので、ステージ前の右脇にしっかり場所を確保。音がちょっときついけど・・・。30分ほど遅れてステージに現れる。小さい身体から生み出されるような力強い低音が会場を包み込む。そして、深くて重いベース音。地からも空気からもその振動と鼓動が伝わり彼女の世界が会場を包み込み始める。・・・・と、3曲目で彼女の突然ベースの弦が切れて、その場をパーカッションの人に任せて会場から姿を消してしまった。すぐに戻ってくるかと思いきや・・・。暫く彼のブラジル仕込みの甘く優しいボサノバを聞くことに。これは、これで良かったんだけれど・・。結局、数十分ほどして戻り、いまひとつ乗り切れない様子でステージを続けるものの、なんとなく消化不良で終了。お決まりの1曲のアンコールはあったものの、かなり白けてしまった。期待してただけあってちょっと残念なステージだった。それと、ひとつ、気になったのはベースを弾くときにいつも後ろ向きでステージ奥にいくのはどうしてかなぁ?今回だけ?かなり調子悪かったのかなぁ・・・。
[PR]
by signothetimes | 2006-10-30 20:05 | music

Ron Sexsmith @ Röhre

e0042906_2322568.jpgStuttgart StaatsGalerie脇のトンネル下にあるクラブDie Röhre。トンネルと言うよりトンネル予定地だったトコロ。鬱蒼と繁った木々を潜り暫くすると本来のトンネルの隣にもう一つのアーチがあるではないか。もともとこちらがトンネルになるはずだったところ、掘り進めていくうちに当時の技術ではその土壌に問題があるとのことで途中で中止になり、その後掘り進められた穴蔵を利用し、現在はクラブになっている。


e0042906_23241124.jpgそこで行われたカナダ出身のシンガーソングライター、Ron Sexsmithのライブを見てきた。200人弱の観客の多くは同世代から50代と思しき落ち着いたロック世代。以前働いていた会社でデビューアルバムがヘビーローテーションでかかっていた。それから数年。その風貌はさすがにちょっと年は取ったものの基本的には決して美しいとはいえない外見にシャイな雰囲気とどこか少年の純朴さがにじみ出ている。


e0042906_23232295.jpgライブが始まって驚いたことに結構ポップな曲が何曲か続いたこと。しんみりとかつ深々とアコギで歌い上げるイメージしかなかったので意外だったけれど、さすがに彼らしい良質で優しい曲が多い。ちなみにバンドはドラム、ベース、エレキの3人に本人のアコギとキーボード。中半以降はデビューアルバムからの選曲が多くて、“Secret Heart”,”Strawberry Blonde”など、ソロも含めて懐かしい曲続く。会場も懐かしさに聞きほれた観客の拍手喝采で盛り上がり、終了合図の電灯が灯った後に3度目のアンコールがソロで始まった。
[PR]
by signothetimes | 2006-10-17 17:19 | music

Gaffenberg Festival

Wちゃんの故郷、Heilbronn市の外れで行われたお祭りGaffenberg Festival。見渡す限りのブドウ畑の山並み。途中からは車の乗り入れも出来ないので、青々と葉を繁らせ実をつけ始めたブドウ畑の中の一本道をテクテク。e0042906_23382925.jpge0042906_23384513.jpg

e0042906_23391392.jpg途中、こんな風景も。こうしたら、鳥に苗をつつかれることも無くすくすく育つのかぁ・・・などど、感心しながら向かうのは、その先にある Gaffenbergという丘山。ここで7月12日から始まった5日間に渡るお祭りを訪れた。

e0042906_23393240.jpge0042906_23394893.jpg
舗装された道路から脇の山道に入り、更になだらかな山道を少し登る。高く伸びた木々の葉からこぼれる木漏れ日と森林浴が気持ちいい。この先で本当にお祭りがあるのかしらと思わせるほど、周りはひっそりとした静寂感でつつまれている。しかしながら5分も歩くと、既に会場の入り口。先ほどの山道のひっそり感はどこへやら。すでにビール片手の多くの人で賑っている。ステージが3箇所に設置され、ライブやコメディーなどのも催し物が5日間繰り広げられている。もちろん、ビアガルテン形式でビールに簡単な食事も頂ける。

小さな小さなFUJIロックみたいに、好きなステージを好きな時間に好きなだけ見て、好きな時に移動して、またビールを飲んで、音楽を聴いて。そんな感じの夏らしいお祭り。我々が訪れた金曜日も合計8組のライブが行われていた。先ずは軽く、夏の夕暮れと言えばサルサ(?)ってことでSALSAFUERTEで和み、その後はプエルトリコ出身の盲目のギタリスト Jose Felicianoで活気付け、更にレゲエの神様Bob Marleyの愛息子、Ziggy Marleyで最高潮に盛り上げって終了。

e0042906_23483356.jpge0042906_23404944.jpge0042906_23418100.jpg


それにしても、ドイツってとこは老若男女入り混じってのお祭り騒ぎが多いような。日本でおじいちゃんおばあちゃんがレゲエを聞いて盛り上がるって聞いたことないよなぁ。
[PR]
by signothetimes | 2006-07-15 23:37 | music

Eliades Ochoa

e0042906_2052457.jpg名作『Chan Chan』のメロディーとともにステージに登場したEliades Ochoas とGrupo Patria。先週19日の金曜日Ludwigsburgスカラ座でドイツ唯一の彼らのライブがあった。小さな会場はほぼ満席。観客の中にはキューバ出身の人も多く、大きなキューバの国旗を翻しながら彼らの来独を歓迎していた。
黒いハバナハット、ギターをやや上に掲げて弾く姿のEliadesOchoa。既に殆どのメンバーが逝去してしまった今、あのBuena Vista Social Clubの素晴らしい音楽はこの人に懸かっている。彼らの演奏とステージの背景に当時のクラブが目に浮かぶように彼らの音楽を聴くと何故か懐かしくて、そして嬉しくて涙が出そうになる。もちろん私はキューバという国には足を踏み入れたこともないにもかかわらず。シンプルでリズミカルでメロディアス、優しさと強さに洗練されたキューバのソン。2時間半のライブはあっという間。一夜明けた翌日には何だか昨夜のライブが夢の中の出来事のように思われた。
[PR]
by signothetimes | 2006-05-22 20:48 | music

オペラ初体験 『Zauberflöte(魔笛)』

e0042906_0292076.jpge0042906_0293532.jpg
StaatsoperStuttgart(シュトゥットガルト歌劇場)で生まれて初めてのオペラ体験。オペラの「オ」の字も知らぬまま、そのタイトルだけは聞いたことのあるモーツアルトの『Zauberflöte(魔笛)』を見に行く。物語の内容は予めインターネットでチェック。その時点で、聞き覚えの無い人名やら入り組んだ内容・・・。まあ、それでも何とか粗筋を解していざ観劇!


e0042906_0304250.jpg宮殿広場の中央に位置するオペラ座は荘厳とした佇まい。欧州の中でも何度か最優秀歌劇場のタイトルをとっているらしい。ちょっとセレブな感じ。とは言え、来ている人は様々でお洒落な老夫婦やお金持ちそうな人もいれば、学生風の若者も。日本の感覚だとオペラ=高い、ハイソ!というイメージ。実際、この公演も日本ではこんな金額!まさか、こんな金額払ってないですよ。何と一人20.50ユーロ(日本円で¥2900位)だから、ほぼ10分の1。もちろん、座席の位置で値段は変わるけど。オペラ座は円形の4層階になっていて、私たちは3階部分。でも、充分に満喫できる席。

e0042906_0331015.jpgさすがに有名なタイトルだけあってどこかで聞いたことのある曲目や、あ~~これだったんだぁ!って納得したり。このシュトゥットガルト歌劇団の『魔笛』はクラッシックなオペラを覆すようなモダンなスタイル。衣装も現代風だし、スクリーンや電光掲示板を使ったり。初めて観るオペラとして良いのかどうかは別として、かなり楽しめた。歌はさすがに素晴らしいのだろう。オペラ知識ゼロの私でも何度も鳥肌が立つほどじわぁ~~と感動してしまった。
[PR]
by signothetimes | 2006-05-04 23:27 | music

3121

e0042906_1285884.jpg本来は3月21日に発売、なにのドイツでは本日ようやく発売。ということで早速と言うかようやくと言うか、兎にも角にもお買い上げ~!う~~ん~♪やっぱり素敵!しばらく一人で踊り続けてしまったよ。懐かしい音がところどころ顔を出したりしてPOPなプリンスも健在。ファンキーでロマンティックでハッピーな傑作。⑦Furyの出だしでニヤリ、⑪TheDanceのシャウトたまらんです・・・⑫GetOnTheBoatは泣けるほどファンキーだし。MaceoもCandyもGregもSheilaEもところどころで参加。
それにしても、誰が幻のパープルチケットを手にしたんだろう?
しかし・・・一方でこんなことも起ってるらしい。私が大家だったら(ありえないけどさっ)、よろこんじゃうんだけどなぁ。
[PR]
by signothetimes | 2006-03-24 03:21 | music

Arigato

e0042906_21311828.jpg店名は確かに『Arigato』だけど、和食とか日本とかとは一切関係なくて、シュトゥットガルトのマリエンプラッツにあるライブハウス。食事はギリシャ料理あり、シュヴェービッシュあり。


e0042906_21314632.jpg古びた店内の天井には過去に行われたライブのポスターがびっしりで、BGMにはエディット ピアフなんかが流れていて、何となくパリの裏道にありそうなカフェの雰囲気。学生風の若者、老夫婦、ひとりでぶらっとライブを見に来てる人。


e0042906_21321168.jpg訪れたのは先週の木曜日。ドラム、ウッドベース、ピアノ&ヴォーカル、トランペットの4人組がJazzを披露。特別なライブじゃない限りチャージも無いみたいだし、お散歩のついでに寄ってみるのもいいかもしれない。気になったのはライブステージの後ろに“The things in your nose”と描かれているんだけど・・・。これは慣用句なのでしょうか?どなたかご存知ですか?

Arigato
kolbstr.2 70178 Stuttgart
[PR]
by signothetimes | 2006-03-13 21:38 | music

親父達のブルーズ

e0042906_0194811.jpg雪の降りしきる中、Stuttgart-MitteにあるTraditional Jazz Hallに行って来た。親父たちが演るブルーズを聞きに。Blue Valentines Blues Bandはクラプトンを意識してそうなギター兼ボーカル、何となく太った鈴木慶一氏に似てる?ドラム兼ボーカル、唯一ちょっと若手のブルースハープ兼ギター、かなり渋めでずっと眉間に皺を寄せて弾き続けていたベースのシュベービッシュ(この辺りの地方出身者、またはその訛り)の4人組。その訛りのせいで言ってること全く分からない。(まあ、尤もドイツ語いまだに弱いんですけどね・・・)ただ、ステージが始まると、結構いい感じ。Bob Dylanをはじめ、Muddy WatersやRobert Johnsonなどなど、結局40分から50分程度のライブを途中で休憩を入れて3回こなしてくれた。
前に務めていた会社の上司(もしくは音楽の師匠と言うか?)が、「最近、聞くものに困った時にさー、ブルーズ聞いちゃうんだよねぇ・・・」って言っていたのを思い出した。当時その上司はそろそろ50歳を迎えようとしていた頃だった。ブルーズと親父の組み合わせって、なんかいいな~と改めて感じつつ、さすがにまだまだ30代(まあ後半だけどさっ),ブルーズばかりを3時間近く、うーん最後の方ちょっと飽きてしまった。まだまだってことですね、師匠殿!

Traditional Jazz Hall/Marienstrasse 3b Stuttgarat-Mitte
[PR]
by signothetimes | 2006-03-04 23:20 | music

romeo’s kiste HORO

e0042906_183928.jpg一昨日の夜、ライブを聞きにStuttgart市内にお出かけ。romeo’s kisteというお店。Wちゃんが学生だった頃からあると言うので、結構古いらしいが、何度かオーナーも変わったりして名前もその都度変更してるらしい。確かに、店構えは随分と古びていて長年の営業を物語っている。Jazz系の音楽を中心に国内外からアーティストを呼んで毎日何らかのライブを行っている。
その日は、”HORO“というグループ名の学生たちによる”The Bulgarian Jazz Ensemble”。Horoはブルガリアのフォークダンスを表す言葉。ヴァイオリン二人、ヴィオラ、チェロ、ピアノ、クラリネット、それにドラムとギターという大所帯。クラッシックとブルガリアの民俗音楽、それにジャズを織り交ぜた内容で、懐かしさと新鮮さを感じさせてくれる、楽しいライブだった。それにしてもブルガリアの民族音楽なんて今まであまり聞いたことがなかったのに、ブルガリアっぽい!って感じたのは何でだろう?


e0042906_19677.jpg関係ないけど、帰り道に『GEISHA』の広告発見。Stuttgart在住のRちゃんは既に見たとのコト。賛否両論あるけれど、私も近々見に行こうかな。
[PR]
by signothetimes | 2006-02-02 17:07 | music

Te Amo Corazon

このブログを読んでいただいている皆様の中に、興味を持ってる方は少ないかもしれませんが・・・。Princeの新曲のPVが見れます&聞けます。(多分期間限定、お早めに!)
http://www.vh1.com/artists/az/prince/videos.jhtml
でもって、来春にアルバムが発売され、ツアーが始まるらしいぃーーー!!ワールドツアーかどうかは分からないけれど。来るかな、ドイツ・・・。来るよねぇ・・・。来てぇ~~~!!!

ついでに、このブログのタイトルも管理人の名前も全て彼の曲から頂いてます、ハイ。プリンスが大好きなんです。愛してるんです。

e0042906_234592.jpg関係ないけど、先日焼いたクリスマスクッキー第二段。
ちょっとPOP LIFE (by Prince)風に。
[PR]
by signothetimes | 2005-12-15 22:42 | music