2006年 10月 24日 ( 2 )

ネッカー川下りじゃなくて、上り。

すっかり秋も深まったとある日曜日。久々の晴天。ライン川下りならぬ、その支流のネッカー川下り体験。(あっ、じゃなくて、今回は上り!)

e0042906_07315.jpge0042906_074422.jpg


最寄の船着場はPoppenweiler。路線バスで近くの停留所まで行き、10分ほど徒歩で自然公園を通り抜けると目の前が開けてネッカー川が見えてくる。船着場の脇では子供たちがお腹を空かせた白鳥にパンを投げている。のどかな風景を眺めていると遠くからのんびりと船が近づいてきた。Neckar-Käptnの、その名もStuttgart号(笑、もうちょっと、芸のある名前にして欲しいなぁ)。見落としそうなほど小さな船着場に乗り付けて我々を乗せてくれる。

e0042906_0143222.jpg風はすっかり冷たくなったけれど、柔らかい秋の陽射を浴びているうちにポカポカしてくる。寒いと思って着てきた厚手のジャケットもいらないくらい。いくつもの橋の下を通り抜けて、その都度、橋の上から船に向かって大きく手を振ってくれる人にこちらも手を振り返す。なんかこういうのって、すっごく好き。

e0042906_0144538.jpg収穫がすっかり終わって乾いた葉だけになったブドウ畑、川面に写る紅葉。いくつかの小さな船着場に着くたびに数人の人が降りて、数人の人がまた同じように船上の人となる。家族連れや恋人同士、お年より夫婦など、顔ぶれは様々。

e0042906_0154213.jpgおやつに持っていたみかんを食べながら人々の入れ替わりや川沿いの秋の風景に見入っていると、Stuttgart号は1時間半程度で終点のBadCannstattに着港した。
[PR]
by signothetimes | 2006-10-24 23:59 | Germany

SilentCookingからMilkShakeまで。

ドイツのテレビ番組で『SilentCooking』と言う料理番組。セリフとか説明とか一切無くてドレッドヘアの若者、Patrick Müllerがモクモクと厨房で料理を作る番組。テクノとかアンビエントがBGMにガンガン流れてて、字幕スーパーでレシピと必要最低限のことだけが伝えられる。この番組、結構好きで時々見入ってしまう。先日、デザートにティラミスを作っていて食べたくなっちゃたので作ってみた・・・んだけど・・・。

e0042906_2132841.jpgWちゃんに、「ティラミス作ったぁ」って言ったら、ちょっと「えっ・・・」って感じになって。そうなんです、ティラミスは卵を使用する。で、このデザートの場合、火にかけない。つまり、生卵の状態で卵は胃に入ってしまう。日本では普通に生卵も食すので全く問題がないのだけれど、こちらでは生卵=サルモネラ菌というリスクが伴うのだ。作りながら何となく不安は感じつつも、大丈夫かなって言う根拠の無い自信。結果オーライでなんとも無かったから良かったんだけどね。(でも、ドイツでの食中毒の原因はこのティラミスやポテトサラダに多いらしいのでドイツ在住の方、気をつけましょう。)


生卵と言えば・・・。時々生卵をタレにすき焼きとか卵かけご飯とか食べたくなっちゃう。そう言えば、牛乳に生卵とお砂糖を入れたミルクセーキ。子供の頃よく飲んでたなぁって思い出して、ドイツでは飲まないのかなぁと聞いてみる。Wちゃんはそんな飲み物があること自体知らない。更にミルクセーキの‘セーキ’って何だっけ?と、ふと疑問に。考えてみれば、すぐに‘Shake’のこと?と思いつつ、インターネットで調べてみたら、そうでした。ミルクセーキはMilk Shake。何故に‘シェイク’が‘セーキ’に?これまでずっと疑問にも思わずにいたこともまた不思議だったりして。
というわけで、
『SilentCooking』 → ティラミス →生卵→ ミルクセーキ=Milk Shake にて終了。
[PR]
by signothetimes | 2006-10-24 21:30 | food