Johannisbeere(ヨハネスベーレ)

e0042906_21211191.jpg苺の季節も終わりに近づいてきて今はヨハネスベーレ真っ盛り。日本語でフサスグリ。そのまま食べるとちょっと酸っぱい。ジャムの要領で少量の水とお砂糖、レモン果汁を加えて煮詰め、粗熱を取って濾してソースを作った。濾さないと小さな種が残ってしまう。


e0042906_2122164.jpgヨハネスベーレのムース。牛乳300mlを温め、大匙2杯の砂糖を溶かす。そこに水でもどしたゼラチン5gを加えて冷ます。生クリーム200gに大匙1の砂糖を加えて軽く泡立てる。冷めた牛乳を濾しながら生クリームに加え、更にヨハネスベーレソースを適量加え、型に流し込む。冷蔵庫で2,3時間冷やし、固まったら残りのヨハネスベーレソースを流し、飾りに実とミントの葉を添えて出来上がり。
[PR]
by signothetimes | 2005-08-25 21:20 | food
<< 久しぶりの太陽 初収穫 >>