「ほっ」と。キャンペーン

Richard Bona & Meshell Ndegeocello

Heidelberg,Mannheim,Ludwigshafenの3つの街で共同開催しているENJOY JAZZというジャズフェストは10月12日から11月11日までのなんと一ケ月間の開催期間。その間、毎日(本当に毎日!)、上記のどこかしらの街でJazzLiveが繰り広げられている。参加アーティストの顔ぶれもすごい(スケジュール参照)。ジャズフェストと銘打っているけれど、実際はブルーズ、ソウル、ボッサ、アフロミュージックなどなど・・・。更に、良心的な価格(20ユーロ以内!)が素晴らしい。気になるライブがいくつあったけれど、私的に絶対に外せなかったRichard BonaMeshell Ndegeocelloのふたつ、なんと二夜連続ライブとなりました。

RicardBona 10/26 THU 20:00~@BASF Gesellschaftshaus、Ludwigshafen

e0042906_1101577.jpg初めてRichardBonaの存在をを知ったのは2002年に東京で行われたPAT METHENY GROUPのSPEAKING OF NOW TOURで。その時の感動たるや、未だに忘れられない。彼の声はまるで空から聞こえてくるような天使の歌声のごとく美しい。ベースはまるで旋律の上をコロコロと小気味よく転がるようで楽しくて暖かくて優しい。満席の会場は彼の作り出す音によって宇宙的に広く高く全く違った空間に感じられる。そして何より、演奏中の彼自身が一番楽しんでいるような姿。この楽しそうな表情、だれかの表情に似ている・・・、サッカーをしている時のロナウジーニョ。神様が与えてくれた才能に感謝しつつ思う存分に自分のものにしている人の表情だなと思った。

Meshell Ndegeocello 10/27 FRI 21:00~@AlteFeuerwache、Mannheim

e0042906_1401587.jpg会場は元消防署とだけあって、古くて頑丈そうな煉瓦造り。オールスタンデイングな上に、長方形のフロアを縦列にいくつもの太い石柱がそびえたっている。こういう場合,ちびちびの私は、否応無く大きなドイツ人に埋もれてしまってステージ上は何も見えず、ライブの間は永遠とドイツ人の頭どころか、背中を拝みつづけ、終いには息苦しくなってしまう。幸いにも予想していた渋滞も無くかなり早めに会場に入れたので、ステージ前の右脇にしっかり場所を確保。音がちょっときついけど・・・。30分ほど遅れてステージに現れる。小さい身体から生み出されるような力強い低音が会場を包み込む。そして、深くて重いベース音。地からも空気からもその振動と鼓動が伝わり彼女の世界が会場を包み込み始める。・・・・と、3曲目で彼女の突然ベースの弦が切れて、その場をパーカッションの人に任せて会場から姿を消してしまった。すぐに戻ってくるかと思いきや・・・。暫く彼のブラジル仕込みの甘く優しいボサノバを聞くことに。これは、これで良かったんだけれど・・。結局、数十分ほどして戻り、いまひとつ乗り切れない様子でステージを続けるものの、なんとなく消化不良で終了。お決まりの1曲のアンコールはあったものの、かなり白けてしまった。期待してただけあってちょっと残念なステージだった。それと、ひとつ、気になったのはベースを弾くときにいつも後ろ向きでステージ奥にいくのはどうしてかなぁ?今回だけ?かなり調子悪かったのかなぁ・・・。
[PR]
by signothetimes | 2006-10-30 20:05 | music
<< Paris! ネッカー川下りじゃなくて、上り。 >>