SilentCookingからMilkShakeまで。

ドイツのテレビ番組で『SilentCooking』と言う料理番組。セリフとか説明とか一切無くてドレッドヘアの若者、Patrick Müllerがモクモクと厨房で料理を作る番組。テクノとかアンビエントがBGMにガンガン流れてて、字幕スーパーでレシピと必要最低限のことだけが伝えられる。この番組、結構好きで時々見入ってしまう。先日、デザートにティラミスを作っていて食べたくなっちゃたので作ってみた・・・んだけど・・・。

e0042906_2132841.jpgWちゃんに、「ティラミス作ったぁ」って言ったら、ちょっと「えっ・・・」って感じになって。そうなんです、ティラミスは卵を使用する。で、このデザートの場合、火にかけない。つまり、生卵の状態で卵は胃に入ってしまう。日本では普通に生卵も食すので全く問題がないのだけれど、こちらでは生卵=サルモネラ菌というリスクが伴うのだ。作りながら何となく不安は感じつつも、大丈夫かなって言う根拠の無い自信。結果オーライでなんとも無かったから良かったんだけどね。(でも、ドイツでの食中毒の原因はこのティラミスやポテトサラダに多いらしいのでドイツ在住の方、気をつけましょう。)


生卵と言えば・・・。時々生卵をタレにすき焼きとか卵かけご飯とか食べたくなっちゃう。そう言えば、牛乳に生卵とお砂糖を入れたミルクセーキ。子供の頃よく飲んでたなぁって思い出して、ドイツでは飲まないのかなぁと聞いてみる。Wちゃんはそんな飲み物があること自体知らない。更にミルクセーキの‘セーキ’って何だっけ?と、ふと疑問に。考えてみれば、すぐに‘Shake’のこと?と思いつつ、インターネットで調べてみたら、そうでした。ミルクセーキはMilk Shake。何故に‘シェイク’が‘セーキ’に?これまでずっと疑問にも思わずにいたこともまた不思議だったりして。
というわけで、
『SilentCooking』 → ティラミス →生卵→ ミルクセーキ=Milk Shake にて終了。
[PR]
by signothetimes | 2006-10-24 21:30 | food
<< ネッカー川下りじゃなくて、上り。 お誕生日に念願の栗のスープ >>