2006 夏の旅 Helgoland(ヘルゴランド)編 其の二

大陸から70km離れた面積約1k㎡の小島ヘルゴランド。島といえばビーチ!海水浴!ところが、このヘルゴランド島自らの周囲には極々短い海岸しかなく、それ以外は切り立った岸壁。その代わり、この島から僅か数百メートルのところになんとも小さな砂山がぽっかりと浮かんでいる。島民も観光客もこちらの“Düne(砂丘)”と呼ばれているもう一つの更に小さな島(面積0.7k㎡)で海水浴を楽しむのだ。
e0042906_2051695.jpg



e0042906_21125988.jpg大揺れの小さなボートでDüneに着くと先着の彼らが既に気持ちよさそうに日光浴を楽しんでいる。Seehund(海犬=あざらし)御一行様。

e0042906_21134587.jpgでも、30m以上近づいてはいけないよ。

e0042906_2114128.jpgその脇に横たわる謎の着ぐるみ発見。どうみても、仲間とは思ってもらえないような着ぐるみを着てアザラシの群れの側でじっと横たわっている。あざらしの生態観察?

e0042906_21161326.jpg海水浴とは言え、北海の水温は冷たい。Strandkorb(屋根つきの)ビーチチェアを借りて日が暮れる間際までのんびり読書。
波の音と鳥の鳴き声、子供たちの遊び声が心地よいBGM代り。

e0042906_21165654.jpgビーチに一軒だけあるカフェで軽い食事を取って戻ってくると、我々のStrandkorbに向かってどなたかの足跡が。

e0042906_21171763.jpg再度訪ねてきてくれた、ジョナさんでした。


e0042906_21174828.jpg反対側のビーチはキャンプ場。小さなロッジがあったりテントを張ったりして、家族連れが夏の思い出を作っている。
e0042906_21181270.jpg小さな女の子がバケツ片手に元気よく歩いていた。
「バケツの中はなに?」
と聞くと
「お父さんが大好きなワカメとか貝とかだよ。サラダにして食べるんだって。私は食べないんだけどね。」
「あっちの方でよく取れたよ!」
と、親切に教えてくれた。
そうそう、海岸沿いでワカメとかその他の海草類は見かけたものの、残念ながらこの辺では食べる習慣がない。
この子のお父さんはきっとドイツではサバイバル派の類に入るのだろうなぁ。



e0042906_21263055.jpgヘルゴランド島の食べ物は、海に囲まれているとは言え、特筆することもないというのが正直なところ。さすがに魚料理が多いのだけれど、Nordsee(ドイツ在住の方ならご存知の、魚貝類中心のファーストフードのチェーン店)がちょっとグレードアップした程度。一番印象的なのは、この島の名物、Taschenkrabbe(鞄蟹)、通称Knieper(クニーパー)。そういえば、ドイツで初めて食べたカニ。ハサミの足(?)のみを捕って後は海に返してしまうらしいけど・・・。そのため、ハサミてんこ盛りの一皿。20ケ以上はあったような・・・。ぎっしりと身の詰まった美味しいカニでした。


e0042906_2128316.jpgのんびり過ごした4泊のヘルゴランド。夕暮れ時の灯台。


e0042906_21283298.jpg夕日が沈むとぽっかりと金色のお月様が海の上に浮かびあがりました。


e0042906_21285876.jpg翌日の夕方の船でまたクックス港に戻り、ハンブルグへ向かいます。





次回、ハンブルグ編に続く
[PR]
by signothetimes | 2006-08-17 14:35 | travel
<< 2006夏の旅 最終回 ちょっ... 2006 夏の旅 Helgol... >>