Pinakothek der Moderne モダン・ピナコテーク

先週の金曜日。Wちゃんは仕事を半休で終わらせ、昼12時過ぎにアウトバーンでミュンヘンへ向かう。3時過ぎに到着。WちゃんがDAAD(独学術交流会)の会合に出席している間、私は一人気ままにミュンヘン観光。と言っても、今回は限られた時間内。そこで、前々から行きたかったモダン・ピナコテークへ。幸いなことに、木、金曜日は20時まで開館している。

e0042906_1345745.jpge0042906_1351815.jpg


2002年の9月にオープンしたヨーロッパでも最大規模のモダン美術館。20世紀以降の現代アートをはじめ車や家具、工業製品などのインダストリアルデザインの宝庫である。コンクリートの打ち出しの地上3階地下1階立てで総展示面積は15.000㎡。エントランスの上部は吹き抜けの円形ガラス天井になっており自然光が館内全体に射し込んでいる。鋭角的な外観からの印象とは正反対の円形状に広がる内部は、扇状に上下のフロアを結ぶ幅の広い階段そのものも見所のひとつとなっている。

e0042906_1361569.jpg地下がデザイン関連の展示スペース。車やバイク、コルビジェをはじめとするバウハウス時代の家具はもちろんのこと、更に最近の工業デザインとして当初から90年代までの各社の携帯電話、マッキントッシュやIBMの初期のPC、Nikeのスニーカーなどを既に懐かしい気持ちで見ることが出来る。


e0042906_1375330.jpg地上階はエントランスに加えロフト階のあるミュージアムショップ、カフェがあり、展示スペースは季節ごとの期間展とグラフィックや建築が中心。2階部分が絵画、彫刻、オブジェなどの現代美術がそれぞれの空間ごとに展示されている。オランダ生まれでドイツで活躍した芸術家で思想家で革命家ともいえるヨゼーフ・ボイスの作品をはじめ、有名どころではピカソ、ダリ、パウル・クレー、カンディンスキー、マティス、ウォーホールなどなど。また今は期間展として荒木経惟氏の東京1962-1973展もを開催していた。


e0042906_1412262.jpge0042906_1554142.jpg

3階部分は展示スペースはないが、吹き抜けの円形のエントランスを真上から眺め降ろすことができる。これがまた非常に心地よい。



e0042906_139453.jpgところが、気がつくと時計は既に7時を回っている。脚は棒状態。ミュージアムショップで当館図録を買い求め、さすがに疲れた脚の休憩と喉の渇きを癒すために隣接のカフェでしばし休憩。


その後は街に繰り出し、これまた一人、和食レストランで寿司うどんセットを満喫。繁華街をブラブラしてちょっとお買い物。10時頃にWちゃんと合流して帰途に付いたのでありました。あ~満足満足!
[PR]
by signothetimes | 2006-07-11 18:33 | art
<< Gaffenberg Fest... W杯終了 >>