韓国料理レストラン SeoulCity

Stuttgartの端の方にある韓国料理レストラン『SeoulCity』。韓国人の経営するホテルの一角。内装も他の中華やアジア系のレストランに比べるとかなりすっきり、ちょっとモダンな雰囲気。その日訪れていた客の殆どが日本人と、泊り客と思われる韓国人のグループ。レストランのマネージャーらしき人(もちろん韓国人)もとっても気さく。キムチスープと韓国風てんぷら、それにプルコギ。プルコギにはご飯の他にキムチや韓国のリなど6種類くらいのお惣菜がでてくる本格的韓国料理。どれも美味しかった。ちなみにメニューに書いてある“sehr scharf(とても辛い)”とただの”scharf(辛い)”。韓国人にとってチリ(赤唐辛子)の辛さの感覚はどうも違うようで、酸味がちょっと強いのをかなり辛いと感じるらしい。だから、彼らの“sehr scharf(とても辛い)”は我々にはちょっとだけ辛くて酸味が効いているもの。ただの”scharf(辛い)”は辛いというより激辛。オーダーをする際にはちょっとご注意を。


e0042906_0193860.jpge0042906_0195230.jpge0042906_020479.jpg

SeoulCity/Hotel Neuwirtshaus
Schwieberdinger Strasse 198
D-70435 Stuttgart
[PR]
by signothetimes | 2006-06-06 22:22 | food
<< 6月7日は・・・。 親子丼 >>