「ほっ」と。キャンペーン

イスタンブール 其の四 『アジアへ』 『カフェ事情』

『アジアへ』

e0042906_2328353.jpge0042906_23365313.jpg


トルコは欧州とアジアに跨っている。イスタンブールの港、Karaköyはヨーロッパ。そこからフェリーで20分程度で対岸のアジアの端にたどり着く。海岸沿いに鬱蒼と立ち並ぶ住宅の群れを船窓から眺めながら、どこからがヨーロッパでどこからがアジアなのかと考えさせられる。


e0042906_23292167.jpgアジア側の船着場Haydarpasaを通り過ぎて更に南のKadyköyに到着。


e0042906_2329382.jpg船着場のスタンド。


ドルムシュと言う相乗りタクシーに乗ってちょっと北に位置するÜsküdarという街まで。ドルムシュはボックス型のワゴン車で8人程度の乗客を乗せて同じ方向へ走り、好きなところで降ろしてくれる。隣に座ったおばあさんは、観光客の我々に向かって何を話すでもなく、数秒おきに笑顔を見せてくれる。何だかこちらまで楽しくなる。ドルムシュを降りて、街を少し散策。


e0042906_2332393.jpg小学校の校庭で遊ぶ子供たち。


e0042906_23322129.jpg学校帰りの小学生。


e0042906_23334037.jpg帰りはヨーロッパ側のBesiktasの港まで。歴史を感じさせてくれる建築。



『カフェ事情』


イスタンブールの街中にはいたるところにカフェが存在する。昔ながらの、親父が集まるカフェからオシャレ系まで、一通りそろっている。そこに人が集い、語らい、他人と時間を共有する。


e0042906_23383982.jpge0042906_23385534.jpge0042906_2339791.jpg


今回の旅は悪天候続き。そのおかげもあって、度々トルコのお茶‘CAY’に手が伸びる。チャイと言ってもインド風のスパイシーなミルクティーとは違い、どちらかと言えば普通の紅茶に近い。濃い目に作られた紅茶にお湯を注いで薄め、小さなガラスのグラスで頂く。みんな角砂糖を二つくらい入れて甘くして飲んでいる。一杯、50円から100円程度。


e0042906_2341539.jpg商店街や住宅街ではチャイ売りが「美味しいチャイだよ~チャイはいかがかね~?(想像)」と大声を上げてリヤカーを引いてねり歩く。


e0042906_2343127.jpgトルコのカフェでお馴染みの水パイプ。最近の若者にはフルーツフレーバーなどが人気とのこと。


そして、バーやクラブも多い。日が暮れるとトルコの歌謡曲や民族音楽があちらこちらから大音量で流れてくる。


e0042906_23441239.jpgこの人の歌声がカフェから流れていて、ついついにつられてしまって入ったカフェも良かった。


e0042906_23522514.jpg前回から気になっていた‘PEN CAFÉ’。ここでも、度々ライブが行われている。


e0042906_23523755.jpg中でも‘オールドベイルート’という名のラウンジには滞在中3回も行ってしまった。古びたビルの3Fを改装して中古家具やソファーを置いてある、いかにも東京にありそうなコジャレた店。長髪でちょっとヒッピーかぶれの風貌のオーナーはセンスのよい選曲をしてくれる。平日は客もまばらで友人が集まって音楽を楽しんでいる。金曜の夜に出かけたら、ものすごい人!もしかしてイスタンブールのカリスマDJ?というほど。ギリシャから留学に来ているという大学生の女の子が一緒に踊ろうよって誘ってくる。結局、若者たちと深夜まで飲んで踊っての最終日の夜。


不思議な街、イスタンブール。なんだか癖になりそうな街。街自体がざわめいているような、落ち着きの無い街。何故か惹かれる奥深い街。イスタンブール報告ブログ、ちょっと長くなりましたがこれでおしまい。
[PR]
by signothetimes | 2006-02-27 23:25 | travel
<< Hallo,Sammy! イスタンブール 其の三 『プチ観光』 >>